製品の特長 製品紹介 技術資料 施工方法 PDFカタログダウンロード 納まり図

home

 

日新工業株式会社


屋外に浮き床工法であるPFシステムは、設置面(下地)から仕上げパネルの間に中空層ができるため断熱効果が期待できます。よって、建築物本体の耐久性向上させると共に省エネルギー効果も期待できます。




PFスタンドはポリプロピレン合成樹脂に無機質補強材等を添加し成型した製品で5mmの厚みを有しており、非常に強い耐圧強度があります。PFスタンドの種類によって耐圧強度の数値は異なりますが、最大700mmの高さに調整した場合でも、PFスタンド1本当たり1,000kgf以上の耐圧強度があります。

DPHスタンドの耐圧強度  (偏芯荷重:破壊強さ)
スタンドの種類 高さ(mm) 使用カップリング数 偏芯荷重 (N)
DPH0 17 - 10,000以上
DPH1 28 - 10,000以上
DPH02 36 - 3,910
DPH02+PH5 45 - 3,672
DPH2+PH5 57 - 2,945
DPH3+PH5 79 - 3,467
DPH4 108 - 3,765
DPH5 175 - 5,955
DPH6 285 C2×1 6,472
DPH7 400 C5×1 5,023
DPH8 515 C2×1+C5×1 5,888
DPH9 625 C5×2 4,987
DPH10 700 C2×1+C5×2 5,222
※上記のデータは、性能値であり保証値ではありません。

 

 

  サイト情報
Copyright (C)2014 日新工業株式会社, All rights reserved.